菊池大介選手日本代表候補に   

2006年 12月 22日

2004年3月就将SCを卒業し、中学生では、父の転勤により長野県佐久FCクラブで活躍していました。中1年代では、早くも北信越トレセンに選抜され、注目される存在でした。中2時代は、フランスのボルドークラブチーム(あのジダンが所属していたクラブ)の招へいでフランスへ渡り、同クラブで数週間をトレーニングしたそうです。中3時代は、国体長野少年チーム(U-16)に中学生として抜擢され、選抜選手として出場していました。(ビデオで見ました)。2006年U-16日本代表候補(23名の1員)として、12月17日からの合宿に参加しています。来年4月からは、湘南ベルマーレ(J2)ユースで活動すると伺っています。この合宿には高1年代の、J1,J2のクラブからの選手が多く参加しますが、そんな中で3人の中学生の1人に選ばれています。
2004年1月の全国フットサルで、優秀選手(10人)として表彰された大介君と一緒に表彰された選手も今回候補になっています。
12月20日付けの日本海新聞に、大介君のことが掲載されていましたので、このホームページでも紹介します。写真は就将SC6年生時代と、ご両親からいただいたフランス留学のときの写真です。Jリーガーを夢見ていた大介君、夢は実現できることを証明してください。米子の少年サッカーマンに、中田浩二選手に続くJリーガーへの道を導いてください。がんばれ大介!!!
b0049160_0183410.jpg
b0049160_019699.jpg
b0049160_0192953.jpg

b0049160_020949.jpg

 中2時代  フランス留学 ご両親からの提供
b0049160_0212460.jpg
b0049160_0213736.jpg
b0049160_0215564.jpg
b0049160_0221124.jpg
b0049160_0222813.jpg

by tfsc1940 | 2006-12-22 00:30

<< 菊池大介さん、お母さんと母校を訪問 2004年の戦績 >>