ブログトップ

就将サッカークラブの活動<<団員を幅広く募集中>>

tfsc2004.exblog.jp

2018年度 主将吉田/副主将杉原

菊池大介君 Weekly soccer Digest に掲載される。

7月31日 版のサッカーダイジェスト にJ2デビューが紹介されました。
__________________________________ 
日本代表U-16でも活躍しています。


米子出身の菊池選手 サッカーU-16日本代表候補へ
 小学校の6年間を鳥取県米子市で過ごした菊池大介(15)が13日、サッカーU-16の日本代表候補に選ばれた。

 菊池は神奈川県生まれ。父親の転勤で就将小に入学し、卒業するまで米子市で過ごした。その後、長野県に引っ越し、佐久サームFCに所属。2004年の「第13回全日本少年フットサル大会」で同FCが3位入賞した時の主力メンバーで、最優秀選手にも選ばれた。

 就将小時代を知るサッカー関係者によると、ポジションは中盤のトップ下。体は大きくなかったが、ボディーバランスに優れ、ドリブルからシュートが狙える上、的確なパスでゲームを組み立てるなど、当時から能力の高さを見せていたという。

 中学卒業後は、小学校時代に指導を受けていた塚野真樹・SC鳥取前ゼネラルマネージャーがコーチを務めるJ2・湘南ベルマーレユースに入団する。
______________________________________
b0049160_22563099.jpg



b0049160_236167.jpg

b0049160_22153540.jpg

by tfsc1940 | 2007-07-19 22:17